カスタム74を修理した

X7000974
心斎橋のSTREAMER COFFEE COMPANYで、万年筆・パイロット・カスタム74のキャップを閉めようとして、手を滑らせてカウンターに落としてしまった。万年筆を使い始めて6年、いままで一度も落としたことがなかったんだけれども、いいのを買ったら2日で落とした。

ペン先から落ちたのかまでは確認できなくて、とりあえずみた感じ、ペン先がグニャリとまがったり、ペン先が広がったりというのはなさそうだったので、手帳にあれこれ書いてみてとくに問題なさそうだなと思っていたんだけれど、帰ってきて、ノートに大量に書くようになってみると、ペンを動かす方向によってはインクがでないとか、出にくいとか色々不具合がでて来た。とくに、スペイン語を書くときや、韓国語の勉強でハングルを書くときは、日本語と違う動きをするので目立った。

週末じっくり観察したら、ペン先の金属の部分とプラスチックの部分のセンターがずれていた。あれこれ調整しては試し書きの繰り返しで、やっと元に戻って一安心。

FUJIFILM X70

This entry was posted in FUJIFILM X70, コーヒー, 写真日記, 愛用品. Bookmark the permalink.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。