Author Archives: Fotografia

HERMÈS GINZA

HERMÈS GINZA 2018/ X7000260
ソニービルがなくなったら寂しくなるかな、と思ってたけど、いままで隠れていたエルメスのビルが綺麗なので、どうせならこっちが外堀通り沿いにあったほうがいいのにな、と思う。新しいソニービルはこれ以上のを期待。

FUJIFILM X70

Posted in FUJIFILM X70, 建物, | Leave a comment

MASERATI GHIBLI

MASERATI 2018/03/12 X7000289
週末、アル・パチーノ主演の映画「スカーフェイス/SCARFACE」を観た。高校生ぐらいのときにテレビで観たのが最初で、ここ1年ぐらいで2、3回観てる。アル・パチーノ扮する主人公はキューバからの移民なので、キューバ人同士のときや、コロンビア人との会話の時などは台詞の中にもスペイン語が出てくることがある。とはいえアメリカ映画なので、ちょっとスペイン語で話した後はスペイン語なまりの英語にかわっちゃうんだけど。

この映画、アル・パチーノがクラブで襲われて命からがらポルシェで逃げるシーンがあり、その時隣に赤いマセラティ・メラクが停まっている。写真の赤い車も同じマセラティのギブリというモデル。スペルはイタリア語でGHIBLI。宮崎駿監督のスタジオ・ジブリのジブリ(GHIBLI)も同じ語源。

FUJIFILM X70

Posted in FUJIFILM X70, 写真日記, 車・バイク | Leave a comment

NISSAN GT-R

NISSAN GT-R 2018/04/12 X7000505
初代スカイラインGT-Rのときは排気量2000C.C.で160馬力、同時期のスーパーカー、ランボルギーニ・ミウラは排気量3900C.C.で385馬力と、いろんな意味でずいぶんと差をつけられてた。それから50年、今のGT-Rは3800C.C.で580馬力と、ひと世代前のランボルギーニ・ムルシェラゴの初期型の6200C.C.で588馬力並み。ここまできた日産も立派だけど、4000万円の車を売り続けるランボルギーニも立派。

FUJIFILM X70

Posted in FUJIFILM X70, 写真日記, 車・バイク | Leave a comment

MAZDA ROADSTER

X7000558
こういうローアングルで撮るなら、液晶画面がチルトするほうがよくて、ミラーレスでも一眼レフでもレンズ交換式だとそれができるモデルが結構あるんだけど、大きなセンサーを積んだ高級コンデジというと、SONYのRX100シリーズぐらいしかない。RX100は無印からM5まで5種類あるけど、ぼくならF1.8-2.8のズームレンズと自撮りもできるチルト液晶がついてればいいので、一番高いM5ではなくRX100M3RX100M4。2つの違いは4K動画が撮れるかと液晶ビューファインダーの解像度。ビューファインダーは使わないので気にしないけど、なんだかんだ実際買うとなったら悩むところ。

FUJIFILM X70

Posted in FUJIFILM X70, 写真日記, 車・バイク | Leave a comment