MacBook Pro Retina 15インチを一ヶ月持ち歩いた感想

X7000615
MacBook Pro Retina 15インチを持ち歩いて約1ヶ月経ちました。この間持ちださなかったのは1日だけ。昼休みとたまに仕事帰りにスタバによるだけなので充電器は要らないし参考書を持ち歩かなくてもググってなんとかなるようになったのでかなり軽量化出来て持ち運びが楽になりました。大きいとはいえ平べったいのと重量も約2kgなので、他に持ち歩くものを見直すとMacを持ち出さない時とくらべて1kg増ぐらいで済む感じです。
もちだすときは以下の3パターン。

●トートバッグ&バックパック
奥さんが独身時代に買ったベネトンのビンテージバックパックにMacBook、それ以外をトートに入れる。電源や分厚い参考書も持ち歩きたいときのスタイル。
●トートバッグ×2つ
一方にMacBook、もう一方にそれ以外のもの。夏にバッグパックは背中があついのでこのスタイルです。重量を左右に分散できるので以外と楽です。
●トートバッグ1つ
近所のカフェに行くときのスタイル。

仕事帰りにスタバによって昼休みのつづきをスタバでやったり、週末近所のコメダで作業したりしてますが、コーヒーを飲むだけならばスタバのカウンター席でも15インチが邪魔になるということはないです。

Posted in 雑談・日記 | Leave a comment

軽量化

欲張らずに毎日MacBook Pro retinaを背負って昼休みや仕事帰りにもSwiftの参考書のサンプルをコツコツ打つ毎日を続けていた。何をやろうとしても大体動かない状態からやりたいことがちょこちょこ動かせるようになってきた。大それたことをしようとしていないということもあるが、やりたいことはググればなんとかなるようになってきたので分厚い参考書の分荷物が減った。

Posted in 雑談・日記 | Leave a comment

MacBook Proを背負ってSwift

今週は毎日MacBook Pro Retina 15インチモデルを背負って出勤。昼休みやスキマ時間、帰りのスタバなどでもひたすらSwift。コツコツ詳細!Swift2 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 2+Xcode 7対応のサンプルを打って実行しての繰り返し。ちょっとサンプルと違うことをやろうとすると大体動かず苦労してます。今日はUITapGestureRecognizerを使ったサンプルを改造して自前のInstagram APIを使ったものと合体。NSDataとUIImageの変換とか、APIの処理待ちとか色々とはまる。

Posted in Swift, 雑談・日記 | Leave a comment

Swift、一筋縄ではいかない

AlamofireとSwifty JASONの使い方もすっかりなれたような気がします。参考書のサンプルから離れて自分でプログラムを作ってみました。

  • iTunes Search APIをつかって検索キーワードを投げる
  • 返ってきたJSONをパース
  • UITable Viewに一覧表示
  • タップすると画面遷移してジャケット画像を表示

こう書くと簡単だし慣れてる人には簡単なんでしょうけど相当に苦労しました。ググッてもSwiftやframworkのバージョンがあわなかったりで参考にならない場合も多いので「詳細! Swift 2 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 2 + Xcode 7対応」を購入。サンプルが沢山載っているので色々試してみます。

Posted in Swift | Leave a comment